2020.9.10

ロナとの戦いに更に8月はかなりの猛暑で厳しい夏になりました。試しに室内と戸外の温度を測ってみましたら、室内は大体26度台、エントランス前の日影はお昼頃で35度オーバーは当たり前!熱風が吹きまくってました、少しでも涼しくとエントランス内では冷風扇と強力扇風機で両サイドからお出迎えしています。

紹介が遅れましたが7月より 宇山加奈子(うやま)看護師

着任しています、新任館長共々よろしくお願いいたします。

新しいスタッフを加えて中台ふれあい館は更に変わります、9月より2階受付がより機能的に出入口付近に移動、利用者の多いスカイウェルも1台増えて3台稼働しています。また、1階の事務所内も整備中で次の展開への布石も順調に進行中。

“ふれあい館たより”もリニューアルして開館明けから変わっているのはご存じですか?提案事業の内容やカレンダーも一新して情報発信の1ツールとして盛りだくさんの内容でお送りしたいと思います。

 

厳しい状況が続いていますが「気のゆるみ」は禁物です、もうしばらくは新しい生活様式の持続で乗り切れるよう頑張って行きましょう。 

 

2020.8.1

皆さ~ん!元気でお過ごしですか?
突然ですが!前任館長の退職に伴い8月1日より新館長となりました 奥秋由樹(おくあき よしき)です。高島平ふれあい館で副館長として約6年間経て、2年前に中台ふれあい館に転勤してまいりました。
此処、中台ふれあい館ではパソコン・折り紙・ゲーム大会などの提案事業を担当しながら館内設備や事業全般の運営管理を行ってまいりました。
 
学生時代からスポーツ中心の生活で大学のコーチや実業団チームに 所属していたり、引退後はスキルを買われて少年野球の指導や約25年 くらい前より今も継続しております家庭婦人バレーボールの指導等を する傍らが旅好きの延長で京都や仙台・長野等まで自転車の遠乗り、
体力回復のための登山等等、とにかくアクティブに動き回ている人間です。

動けるのが健康のバロメーター!と勝手に思い込んでいるわたくしですが、「折り紙」の講師をしたりコロナ対策のシールド作り等意外と細かな ことも大好きなわたくしです。いまはコロナの影響で色々と規制が多く
皆様方にはご不便をおかけいたしますが、新しい様式での過ごし方をもと に、楽しく皆さんとともに過ごせるよう職員・スタッフの力を借りながら
頑張ってゆきたいと思いますのでヨ・ロ・シ・ク お願いいたします

 

 

 

    

 



 

 


2020.7.1
●皆様、ありがとうございました。
少し古い中台ふれあい館たよりでも告白したこともありますが、2018年12月24日夜、我が松戸市の
自宅二階から、転落し臀部の内出血で少しの間苦しみました。
あれから約1年半が過ぎた2020年5月24日日曜の夜、二階階段踊り場到達時に、ふらふらと目まい含みで一階へ転倒落下。家人が事故に気付き救急車両要請。松戸市内の病院に搬送。
「脳室内血腫」「肺挫傷」の疑いで入院。8日間の治療後、退院。♫バカは死ななきゃ治らない♪なんて歌が聞こえてきそうです。我が家の階段下の壁にぶつかって、壁に15センチの穴が開いてしまいました。
65歳、いつまでも若いと思えないんですね。以後心して生きてまいります。よろしくお付き合いのほど。

7月いっぱいで引退を決意いたしました。(体力の衰えが一番の原因ですね)
皆様、お世話になりました。ありがとうございました。
残り少ない日々、一生懸命頑張ります。


 2020.4.25

やまない雨は無いからという気持ちはいつからだろう?

 

 先日亡くなった女優の岡江久美子さんがTBSテレビ「はなまるマーケット」のエンディングでは毎日のように「明日もきっと、はなまるな一日でありますように」と諭すように話していたことを思い出します。

 薬丸裕英さんとはデビュー前16歳の頃から仕事をさせてもらっていたから気にしてよく見ていたのです。岡江さんと家内は同い年でもあった。身につまされる。

 ウイルスを感染させるのも、拡散させるののも人なんです。他人事と思うことなく行動しましょう。先ずは不要不急の外出は控えましょうね。


明るい笑顔で近いうちに再開できることを祈ります。
 
                                                                                                            蓑輪 悟

 

2020.03 ~百花繚乱2020中台ふれあい館~
 三月中旬に桜の開花宣言があったと思ったら満開宣言に。

 桜の花びら舞う中に真っ赤なボケも咲き誇る。
 ふれあい館のエントランス周りの鉢やプランターはピンクと白のサクラソウ。
 ペチュニア、ガーデンシクラメン、プリムラジュリアン、君子蘭、
 フリージア、ネモフィラ・・・

 中台ふれあい館は癒しの百花繚乱といった具合です。

 

 臨時休館が4/30(木)まで延長が決まりましたので、皆さんに見てもらうことも
 なく平和な日を迎えるのでしょうか。

 水遣り頑張りますね。

 二階ベランダに4基あるイチゴのプランター栽培も楽しみです。

 メダカも元気に成長していますからご安心ください。







 
2020.2 中台真冬のご近所散歩

1月には、中台ふれあい館の向に位置する中台中学校一年生3名が職場体験をしました。3日間笑顔で元気よくがんばってくれました。
 最終日には、カラオケで「北の漁場」を見事に歌い切り、皆さんから大喝采を浴びていました。 自分が中学校一年の時はあんなに元気だったかなと遠い昔の自分に反省しきりです。
 2月になると1日2日の中台地域センターでの作品展では、中台ふれあい館の人気講座である「折り紙広場」の奥秋由樹副館長の折り紙広場力作集として20点以上展示させていただきました。 中でも{大和雛}は見事でした。さしずめ、三段飾りでして、人形が持っている楽器や小道具も見事な完成度でした。
 現在はふれあい館に飾ってありますからご覧ください。
 
 
    

 

という事で今回は近隣施設とのお付き合いの話をさせていただきました。


 
2020.1 中台体操のすすめ


台ふれ皆さん体調など、お変わりありませんか?
中台ふれあい館では、一日に3回体操を実施しており、私も極力参加しています。9時半は比較的に緩やかなオリジナル体操を1階ロビー付近で。
11時半には二階でラジオ体操第一第二と童謡体操などを。3時半からは童謡体操、ラジオ体操第一そしてリハビリ体操をしています。
昨年の10月から日々意識して参加していますが、前屈などヒイヒイいいながらやっています。体操の継続のおかげでしょうか、冬場にあらわれる膝関節の痛みが消えたような気もします。
私の次の課題は衰えた筋力の回復運動かなと。
歩くスピードが遅くなっており、その上に歩幅が少なくなっているのを朝夕の通勤時に実感するのです。
遅い、抜かれる、離される。さあ、筋力強化もスタートです。
 
        


2019.12 写経のすすめ
中台ふれあい館では、月2回「館長と写経会」で般若心経を書いています。
般若心経は最強の262文字とも言われています。嬉しい時、悲しい時、苦しい時、
さまざまなきっかけであれ、一心不乱に筆を執ることで大きな功徳が降りてくるのです。
上手、下手など関係ありません。無心になり、一文字、一文字経文を書き写す時間を過ごして下さい。
 中台では、道具類の用意は要りません。身一つ。筆ペンを使い、用紙はなぞり書き用を使いますので安心ですよ。写経のメリットは、個人差はありますが、姿勢がよくなる。
心が清浄になる。集中力、忍耐力がついてくる。ストレスが軽減し自然治癒力が向上するのです。
 僕と写経との関わりは、49歳、2004年から四国お遍路をしました。親類縁者、先輩後輩の物故者が続きましたが、中でも初恋の人がガンを患って亡くなった時はショックでした。
何かできるわけでもなく、無心で家で書き溜めた写経を寺に納めたり
しました。
 
2019.11 冬が来る前に 
 
日ごとに寒くなってきましたね。日の出の時間も6時過ぎ。
明けきらぬ中、松戸の自宅を出ることもあり。個人的には、あまりにも混雑した電車が
嫌いなので、早く来るのです。ストレスを溜めたくないですからね。
 上板橋駅からは鼻歌まじりで♬坂の細い道を♪って「冬が来る前に」(歌/紙ふうせん)
という名曲が、最近多いようです。鼻歌まじりの通勤は脳活でもあります。脳の異なる
機能を並行して使い、記憶力も鍛えるのです。近いうちに披露しますね!
●メダカのお世話しています。
 夏場の水撒き用に大きなバケツに水を溜めていましたが、
水撒きの機会も少なかったので夏の終わりに、メダカを飼い始めました。
メダカは、いつの間にかホテイアオイの根に卵を産み付け、それが稚魚になり、共喰い防止のために別のバケツに移しました。ご覧ください!
●今年もお隣さんの柿の収穫のお手伝い。
 高枝切りバサミを使い、昨年に続き甘柿の収穫をしました。個人的には渋柿をアルコールを使用し、美味しい甘柿にする方法が得意技ですが、お隣さんの甘柿は絶品。
 沢山収穫し、おこぼれを少し頂きました。65歳に近くなり、上ばかり見てると頭がグルグルします。あと何回出来るのだろう。 
●秋冬向けの花の寄せ植え。
 夏場の花が可愛くて、秋冬の花の寄せ植えはノーアイデアです。まもなく始動しますから指導もよろしくお願いします。




2019.10 食欲の秋・芸術の秋 皆さんは何の秋でしょうか?


  中台ふれあい館でも10月11日(金)~13日(日)に提案事業・クラブ活動のの作品展示会と発表会(12日のみ)が開催されます。              

 

 

 


ナガ~イつきあい


私は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気とつきあいだして15年になります。

朝起きた時にすっきり感がない、眠りが浅い、いびきがうるさく家人にも迷惑三昧。

血圧200以上なんて、ひんぱんでした。検査入院後に健全な睡眠習慣を手に入れるべく、CPAP(シーパップ)という機械のリースを開始。

機械で圧力をかけた空気を送り込み、気道を拡げて睡眠中の無呼吸を

防止する治療法です。(写真はこわいですが快適生活です)

家ではもちろん、出張や旅行先にも同行するのです。"                   

"上手にレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を交互に繰り返すことで睡眠の質の向上に期待します。

気温も少しずつ下がってきましたので睡眠負債も減らし

て、高血圧・認知症・ガンのリスクも軽減していけたなら・・・。"                                            

まわりの家族にも気づいてもらうことも、重要ポイントですね。

 


 

2019.9

 今月は防災のススメです

後回しになっていませんか?防災のこと。「まさか」起こらないだろうではなく、「もしも」起きたらと考え、行動していきたいものですね。まずは、自分の身を守る「自助」を。

避難所に行けば安心かもしれませんが、防災用具など家庭に準備しておけば、良いですよね。場所は1ヶ所だと、ふさがれてしまうこともあるから、何ヶ所かに分けて収納しておくと安心できますよね。我が家では、あちこちにバッグやリュックに、水・食料・トイレ周りに使うもの・古いタオルやシャツ・靴・靴下なども不用品だと思わずに、防災用具に回しています。

車のトランクにも簡単なモノをストックしています。

● 自分の住んでいる地区や地域の情報を知っておくことも重要。隣近所の日頃からのお付き合いで「共助」、そして「公助」みんなで助け合いたいものですね。

● 近所の「公衆電話ボックス」「公衆トイレ」の場所も確認しておきましょう。小銭やテレホンカードも必要になるでしょう。

「非常食」は「防災食」です。お気に入りのレトルト食品や美味しい缶詰などは、しまいこまずに、普段から古いものから消費して、使用した分を買い足していくのです。

一度に大量買いすると、賞味期限が一度に来てしまうかもしれません。
 家族や友人たちと、備蓄品を持ち寄って、パーティーやピクニックランチ
をするのもよろし。「日常」において経験しておくことをおススメします!


 
 
2019.8

 

板橋区内ウロチョロ

7月某日、JR埼京線の板橋駅に行きました。板橋区内唯一のJRの駅なんですね。

仕事帰りに東上線上板橋駅から下板橋駅下車、徒歩で板橋駅に移動。

目的は小学1年生の孫に頼まれた「ポケモン・スタンプラリー」の押印でした。

こんな機会がなければ板橋駅前を体験できなかったと思う。

このスタンプラリーはJR東日本エリア43駅が対象。

2015に僕自身64駅を完全制覇した、ウルトラマンスタンプラリー以来。

知らない街に出かけるって楽しいですね。

板橋駅から徒歩で新板橋駅に移動し巣鴨駅経由して帰りました。

板橋駅前で「当店はお通し代はいただきません」の貼り紙に

誘われたこともご報告。

まだまだ探検します板橋区内


 

2019.7

 梅雨の長雨 濡れたアスファルト路面に注意‼

 中台ふれあい館の周りには急坂、急階段が多数あります。  

名前のない坂だらけでもある。

ここで注意したいのは坂の勾配にはもちろんのことですが、
雨に濡れたマンホールや金属製の簀の子に足を取られて
すってんころりと怪我をしませんように。

いつもより重心を下にして歩いてみましょう。

急がば回れで少し安全なルートを考えても良いですね

今年もグリーンカーテンにチャレンジします。

昨年ゴーヤや朝顔でグリーンカーテンづくりをしました。

前回は種まきからの発芽栽培にこだわり、土作り水やり肥料やり等経験をしました。

今年は種類鉢の苗をホームセンターで手に入れ育てることにしました。

沖縄在来の「あばしゴーヤ」はずんぐりした形状でマイルドな苦味。

「ジャンボあばしゴーヤ」は大きいと800g、長さは30㎝にもなるという事です。

「琉球中長ゴーヤ」は熱を加えても壊れにくいビタミンC爽やかな苦みがあるそうです。一階、二階のプランターに乞うご期待です

 

 

2019.5 NEW館長ブログスタート❕ 

       令和元年5月 新緑が映える陽気で気持ちいい季節になってきました。 中台ふれあい館館長の蓑輪(みのわ)です。 大変遅くなりましたが、昨年2月より当中台ふれあい館の館長として赴任しました。 今後ともよろしくお願いいたします。 初ブログ!初登場‼なので自己紹介と担当する講座のご紹介を兼ねて今回はお送りしたいと思います。  

早朝、松戸駅常磐線に乗り日暮里駅で山手線に乗換え池袋駅へさらに乗換えて東武東上線で1時間20分の”朝の旅”でようやく上板橋駅に到着。駅からはテクテク、最後は皆さんもご存じの通り難関の長~い上り坂を登りわがふれあい館に到着。
混雑が嫌いなので早起き行動の”アーリーバード” となって早1年❣しばらくして知ったのですが、なんと‼車だと、40分足らずで着いてしまいます?

 

       
 

大先輩の皆様、遅まきながらよろしくお願いいたします。

ご利用者様に元気をもらっている感じですね。夢や創造力、勇気を持った実行力に感動もします。

さて、担当している提案事業の講座に”館長と写経”があります。
 
サラリーマン時代に書道教室に再び通ったりしている時に写経を知り、般若心経の勉強を始めたのです。

200449歳、歩き・電車・バスで四国のお遍路をスタート
201055歳、高野山奥の院まで一巡し「結願」後も時折り四国参りしてます。
 

 変なオジサンでしょう。
  

そんな変なオジサンは音楽関係の仕事に関わっていました。音楽を通じてたくさんの人に出会い、たくさんの素晴らしい楽曲を知ることも出来ました。

そんな経験や出会いを考えたときに講座「戯れ言戯れ歌」が生まれることになったのです。

たわいのない話とたわいのない歌なはずが、どんどん深い所にハマっている気もします。

板橋区での出来事(事件や事故等日常起きている)の話から、少しは役に立ちそうな話をしたり、声を作る基礎発声法などお送りしてます。カラオケも良いけど、ためになる「戯れ言戯れ歌」講座も是非覗きに、参加してはいかがでしょうか。
6月は16日に開講します、今回は季節柄”雨の歌”特集となっております。
雨の名曲~~氷雨・スコール・君は雨の日に・ある雨の日の情景・雨の物語・雨やどり・銀の雨・傘がない等どれも好きな”雨の歌”ですが、まだまだたくさんありますね。雨の名曲で参加申し込みを御待ちしております。

      
 
ご来館された皆さまからたくさんの元気をもらている感じです、夢や創造・勇気を持った実行力にも感動する毎日です。
 
一年間分の思いも込めて書いたためかなり長くなってしまいましたが
当中台ふれあい館も職員も一部変わったり、館内の表示等も明るく・見やすく、また快適に過ごせるよう設備の整備等、多くの皆さまが参加できる講座の増加等プチリニューアルで歩き始めました。
今後も皆さんとともにアクティブエイジングのコンセプトで進んで行きたいと思います。
大先輩の皆さま❣遅まきながら宜しくお願い致します。